ペダル・レイアウトの必須アイテム。
バッファー搭載のTRIALが提案する品質にこだわったプロ仕様のハイクオリティ・ジャンクションボックス。

ペダルボードの組み込み時、重要となるのがインとアウトの位置。

数多くのペダルをボードにレイアウトする時やスイッチャーを使用する場合にはイン/アウトがボード中央部になってしまう事があり、シールドケーブルの接続が難しくなる問題を解決するのがジャンクション・ボックスです。

美しいレイアウト必要不可欠なものとしてプロ・ミュージシャンをはじめ、エフェクター・フリークの間では重宝されているジャンクション・ボックスですが、TRIALでは品質にこだわったプロ仕様の3モデルをご用意。

【Junction Buffer Dual】
最両側バッファ仕様のジャンクション・バッファ・デュアル。両側にB-1と同じバッファを2台分搭載したモデルで各エフェクターをB-1バッファで挟む事により、最大限に音質劣化を防ぐ事ができます。
そしてバッファ搭載の2モデルは9V〜18Vに対応しており、B-1単体でも味わえないヘッドルームの余裕を感じる音質重視設計としました。

<a href=弘進ゴム 軽快胴付長 ジル 26.0cm。" src="http://www.osaki.co.jp/Portals/0/images/side/Omimai.gif" />

製品紹介